東邦高校同窓会「東邦会」
東邦会HPトップへ 東邦高校HPへ
事務局からのお知らせ 会員からのお知らせ OB/OGへの質問、相談 恩師を訪ねる 東邦会のあゆみ
東邦会事務局の独り言

留学生による七夕です

期末テストが終わって、ほっと一息。蒸し暑い名古屋の夏を少しでも涼しくしようと国際交流室は七夕です。中国から来たはずの七夕、南京出身の二人に七夕のことを聞いても「よく知りません」と返事・・・。中国では七夕はやらないみたいですね。もちろんNZ出身のサム君は七夕初体験。昨日から体験入学してきているアメリカの森さんは何度か経験があるとか・・・。

こんな日本の風情、留学生にも味わってもらいたいものですね。(人)

|2011年6月30日11:21|個別ページ

家庭菜園…?ではありません 省エネ効果をねらっています

ここは今年度から東邦会事務局長をつとめる伊藤保憲先生が長として常駐する国際交流室の外になります。午前中は日差しが強く部屋の温度はエアコンを入れてもなかなか下がりません。省エネ効果と緑化を小さなスペースでもできないかと相談したところ、情報処理助手の馬場先生の提案でアサガオを植えることになりました。それだけではちょっと陽を遮る効果は今ひとつ…前国際交流室長の河野先生の要望もあってゴーヤも植えることになりました。これから緑のカーテンができあがっていく様子を映像とコメントでお伝えします。(木×3)

植えたばかりの苗にたっぷりの水を…情報処理助手の馬場先生の担当?です



ネットの高さは約2.7メートルです




たくさんのアサガオの花とゴーヤの実でこのネット一杯になるといいですね



|2011年6月28日16:13|個別ページ

がんばってます!部活動

正門にはこんなにもたくさんの横断幕が。全国大会出場を決めた部活動を応援しています。

少し見にくいかもしれませんが手前からサッカー部、柔道部、空手道部、ダンス部の順です。

がんばってきてください!応援しています!

|2011年6月21日17:47|個別ページ

お疲れさまでした 全員無事に帰名 愛知ボランティアセンター 甲斐田匡彦先生はじめ「東邦隊」26名 

「東邦隊」26人 みんな元気です
車中2泊3日の東日本大震災ボランティア。「東邦隊」26人、無事に帰ってきました。12日午前7時過ぎ7台のバスが中区の東別院山門前に到着5号車から東邦隊のメンバーが降りてきました。車中2泊の疲れは見えますが、元気そうな顔を見てホッとしました。東邦隊のボランティア作業の様子が偶然11日付けの中日新聞の夕刊に掲載されました。現地では、「余震がきたら逃げてください」と指示を受けながら午前中は土砂降りの中、午後からは蒸しかえるような暑さの中での作業だったそうです。東別院の境内ではバス到着後1時間ほどの報告集会があり解散。今ボランティアに参加した多くの中学生、高校生や教職員そして市民の皆さんは、心の中にしまい切れない大きな、そして貴重な思いを胸に東別院の境内をあとにしていました。本当にお疲れさまでした。(木×3)

11日中日新聞の夕刊に掲載された「東邦隊」の作業の様子



 

ほかのチームの活動の報告を聞く「東邦隊」の皆さん



 

東邦隊の様子を報告する3N姜 昌勲 君



支援物資を被災された方々に渡す様子を報告する馬場美佐子先生



現地では圧倒的に夏物の衣料品が不足しているそうです とくにタグのついた新品の夏物の下着や衣料が必要だそうです

|2011年6月12日11:40|個別ページ

授業後の正門付近の様子

JRC部の皆さんが花を植えてくれています。正門の階段の両サイドには鉢植えがずらっと並び、駐車場につながる脇には毎日少しずつ花を植えてくれています。

朝の水やりもかかさずやってくれています。ほほえましい様子です。(人)

|2011年6月10日19:21|個別ページ

国際交流室からこんにちは

今日は、東邦高校の国際交流の様子について少し紹介したいと思います

現在3人の留学生が東邦で学んでいます。中国とニュージーランドの姉妹校からやってきた3人です。詳しくは東邦高校のHPで紹介しています。本校の生徒と一緒に授業を受けているときもありますし、写真のように国際交流室で日本語を勉強している時間もあります。

日本にいる間に、日本語だけでなくたくさんのことを吸収して世界で活躍できる人になってほしいものです。

|2011年6月8日18:21|個別ページ

東日本大震災ボランティアに生徒24人 教員2人が今週金曜日出発します

8日お昼休み 校長室での出発式の様子です



 

中区の東別院に本部を置く「愛知ボランティアセンター」の一員として岩手、宮城の県境にある「小泉浜ボランティアセンター」に行きます。帰名は12日日曜日午前8時東別院。0泊3日の現地ボランティア活動です。参加費用の1人1万円については学園が全額負担するかたちで支援することになりました。生徒会やクラブ、そしてクラスから様々な呼び掛けに応えて集まった生徒24人。とても頼もしい姿でした。また、今回は社会科の甲斐田匡彦先生と情報処理助手の馬場美佐子先生の2人が一緒に参加しますが、事前準備から細かな配慮で生徒たちに対応していてくれます。きっとかけがえのない経験を一杯して来てくれるのでしょう。今後も東邦の中でも大きなボランティアの輪が広がってくれることを期待したいと思います。(木×3) 

写真奥に馬場先生と甲斐田先生



 

 榊理事長の話を聞くボランティア参加生徒のみなさん 

長沼校長より甲斐田先生にボランティア参加費が渡されました



 
 

全員参加で授業後開かれた第1回目の事前説明会 講師は馬場美佐子先生



 

持ち物の細かな説明も



 

真剣に説明を聞く生徒諸君



 


熱い思いを語る熱血空手部監督甲斐田先生

|2011年6月8日17:14|個別ページ

ちょうちょ蝶々…花壇ではありません オーバルランチルームの屋上です

新校舎は環境にも配慮した施設になっています。オーバルランチルームの屋根の一部と柔道場の屋根は緑化されています。残念ながら予算の関係で太陽光発電の装置は新校舎建築と同時には設置できませんでしたが、今からでも学校で消費する電力の一部を自給自足できるようにソーラーパネルなどの増設ができるといいですね。(木×3)







|2011年6月8日10:53|個別ページ

UFO? いえいえこれは熱田祭りの打ち上げ花火です

昨日今日の2日間は「熱田さん」のお祭りでした。写真は中区の東別院の近くにあるスーパーマーケットの屋上駐車場から撮ったものです。ずっと?昔は家の窓から見れた「熱田さんの花火」も今は音しか聞こえなくなりました。でも、一度「見た」景色はちゃんと音と一緒に記憶の中に残り、音を聞くだけで夜空に広がる花火の色が浮かんできます。東邦生の諸君にも、心に残る、そして心に残しておきたい景色をたくさん見てほしいですね。もちろん私たちも、まだまだ一杯見たいですね。(木×3)



伏見通りにかかる歩道橋から金山方面を撮影



|2011年6月5日21:39|個別ページ

暑サニモマケヌ…精神力でサッカー部 2011年度総体出場決めました

今週木曜日までの肌寒さが嘘のような暑さの中、サッカー部が高校総体の県大会で全勝優勝し、みごと愛知県代表として高校総体に出場します。良かったですね。応援よろしくお願いします。詳しくは東邦高校サッカー部のHPも見てください。(木×3)





|2011年6月4日16:49|個別ページ